突然のワクチン供給「はしご外し」に怒り狂う自治体!

 「1人でも多くにワクチン接種をしてくれ」との国の言うことを信じて64歳以下のワクチン接種の段取りを進めていたところ突然、国からワクチン届かなくなった。供給不足に陥ったというのだ。

 これこそ典型的な朝令暮改。菅政府によるいきなりの「はしご外し」に自治体は怒り狂っている。

***********************
兵庫・丹波市のケースを地域新聞「丹波新聞」がこう伝えた。(原文のまま)

 国からの新型コロナ・ワクチン供給の見通しが立たないとして、兵庫県丹波市は6月29日、新規の64歳以下のワクチン接種の予約受け付けを中止した。

 個別接種、集団接種とも新規の受け付けは当面見合わす。同市は28日に、16歳―64歳以下の3・3万人に接種券を発送したばかり。

 「ワクチンはある。64歳以下にも早く接種をと政府は言っていたじゃないか」と、住民と最前線で向き合う自治体職員は政府に振り回されている。

 新規の職域接種の受付を停止するなど、国レベルで細るワクチン供給が、地方自治体の接種にも影を落としている。

 「見通しが立たないまま、予約を受け付けては混乱を招く。いったん中止せざるを得ないと判断した」と、丹波市は対応に苦慮。

 国は、65歳以上高齢者の接種率100%を見込み、丹波市には約4万1000回を配分。市の65歳以上高齢者の予約率は約90%。現時点で市が確実に64歳以下の接種に供給できるのは、この差の3000-4000回分ほど。

 市は、これを全てエッセンシャルワーカー(高齢者福祉、障がい者福祉、子育て支援の従事者の約3100人)に割り当てる。

 集団接種で平日は500人、土曜は1300人の接種を進め、7月からは市内クリニックで個別接種の本格実施も予定されていた。

 同市医師会が7月から個別接種を本格実施することもあり、接種券が手元に届いた市民が6月29日から個別接種の予約を取ろうと動き始めているが、市内では当面、予約が取れず、大規模接種や職域接種を利用する以外にない。

 同市は60―64歳は7月12日から集団接種の予約受け付けを始め、段階的に受け付け対象年齢を引き下げていく計画だったが、これも凍結した。

 総務省と県に見通しをたずねた林時彦市長によると、両者の返事は「分からないだった」という。「65歳以上を早く済ませて、64歳以下も早く接種をとさんざん急かされ、必死で体制を構築してきた。

 ワクチンが供給できないなんて、はしご外しでいい加減過ぎる。供給が減るなら減るで、数量を示すべきだ。

 でなければ、予定が立てられない」と、ワクチンが届かないことへの対応を市町村に丸投げするかのような国の態度に憤っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント