小学生の列にトラック突進の裏で発覚した行政の怠慢!

 28日午後、千葉県八街市の路上で、下校中の小学生の列にトラックが突っ込み、男児2人が死亡。1人が意識不明の重体で2人がは重傷を負う悲惨な事故が起きた。酒を飲んで運転した梅沢洋を現行犯逮捕した。

 事故現場の道路は道幅7メートルの見通しがいい道路だが、歩道はなかった。車は日常的にスピードを出して走り抜けるので近所の人たちはガードレールを設置するよう八街市に申し入れたが、「場所がない」と拒否された。7メートル幅に「場所がない」は通用しない。

 事故を起こしたトラックは自家用車扱いの「白ナンバー」だったため、営業用の「緑ナンバー」と違い、運転する際の飲酒検査が義務づけられていなかった。

 建設会社「南武」(東京都葛飾区)はそれを知りながら子会社「南武運送」(八街市)に、法の抜け道を利用してトラックを走らせていた。

 地元、八街市の「怠慢」と、国の法律の「欠陥」が飲酒運転を招いたと言っていい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント