五輪の強行開催に天皇陛下から突きつけられた不信任!

 宮内庁長官の「天皇陛下の五輪懸念拝察」発言は海外でも波紋を広げている。

 海外メディアの多くは、共同通信を引用する形で伝えている。

 「天皇から不信任を突きつけられた」などと速報した。

***************

 デイリースポーツによると、コロナ感染下での五輪開催について宮内庁の西村泰彦長官が、天皇陛下の受け止めとして「国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べたことを海外メディアも一斉に報じた。

 米ワシントンポスト紙は、「東京五輪は天皇から重要な不信任決議を突きつけられた」とし、「天皇は大会の名誉総裁であり、日本では広く尊敬を集めているが、政治的権力はない」と指摘。

 「天皇がそのような重要で物議を醸すトピックについて発言することはまれであり、見解は重要」と分析した。

 英紙ガーディアンは、「天皇の発言は五輪がコロナ感染増加に繋がると恐れる人々を励ます」と解説。加藤官房長官が「西村氏の個人的な見解」と発言を「軽視」したことなどを伝えた。

 時事通信によると、米FOXニュースも、天皇は国家の象徴で政治権力を持たないと紹介した上で、その言葉は日本国民に「尊重されている」と伝えた。

 J-CASTニュースによると、海外メディアの多くは、共同通信を引用する形で西村発言を伝えている。

 英国のロイター通信は、「天皇は政治的権力を持たないが、日本では象徴として広く尊敬されている。公の場で発言することはまれだ」と報じた。

 韓国の中央日報は、「天皇が新型コロナの状況と関連して五輪開催を心配していることを、西村長官が用心深く間接話法で伝えている」

 韓国の朝鮮日報は、「政治に介入することができない天皇が、宮内庁を通じて国内の懸案に対する自分の意見を言うのは極めて異例だ」などとして、驚きをもって発言を報じるメディアもある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント