首つり自殺!全ては安倍のこの国会答弁から始まった!

「私や妻が関係していたら辞職する」との安倍晋三のうちから出まかせに端を発した改ざん事件。

 どこも非がない赤木さんが首つり自殺した。彼をここまで追い込んだ者どもは今も大手を振って生きている。許してはならない。

*********************
小沢一郎がツイートした。

▼長らく隠蔽され続けてきた「赤木ファイル」が漸く公開。改ざんを直接指示した職員の名前を中心に、約400箇所もの黒塗り。財務大臣は「再調査の考えはない」。隠蔽は続く。今や 公文書改ざんは日本の行政の代名詞。安倍・菅路線の到達点。この問題の解決なくして、日本という国は一歩も前に進めない。

▼「私や妻が関係していたとなれば、間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」。全ては安倍氏のこの国会答弁から始まった。安倍氏絡みの記述は真っ先に削除。元理財局長による「国会答弁を踏まえた修正指示」があったことも明白になった。総理のためには、国民の命や法まで犠牲にする行政。許されない。

▼1人の善良な公務員が、隠蔽・改ざんの圧力に苦しみながら亡くなった。総理や財務大臣、組織が彼を死に追い込んだ。安倍氏や財務大臣は反省しているか。線香の一本でも あげに行ったか。安倍氏は相変わらず憲法改正を声高に主張。命の重みさえわからない人間が、軽々に憲法など論ずるべきではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント