若者に広がる「恐怖の後遺症!」次はキミの番かも!

 「自分は大丈夫」と思っていた体育会の強靭な学生が、コロナの後遺症に悩まされている。

 コンビニの前で群れて路上の身をしている若者にこの体験談を読んでもらいたい。

 次はキミの番かも知れないからだ。

**********************
NHKが生々しい実態をレポートした。

 取材で出会った男子大学生は、体格が良く一見健康的な青年でした。しかし、コロナの後遺症に悩んできた。

 「手すりを使わないと階段が降りられない」「長時間ペンが持てない」今も腕にしびれが残り、将来への不安を感じています。

 千葉県内に住む22歳の男子大学生。運動部に所属し、筋肉質でがっしりとした体型。持病もなく体力には自信がありました。

 しかしことし3月、新型コロナに感染。思い当たるのは、緊急事態宣言が出た3月中旬の友人2人との食事。大学生「消毒も結構こまめにしていました。軽くごはんを食べておしゃべりをして」数日後 友人の感染判明 自分も変異ウイルスに感染。

 自分も変異ウイルスに感染し大学病院に入院。しかし症状はなく、この時はまだそれほど深刻には考えていませんでした。2週間で退院。

 ところが、本当に大変だったのはその後でした。大学生「退院の3日後くらいから腕にしびれが出て、その後すぐに腕の力が入らなくなって握力が落ちました。最初は右腕だけだったんですけど、それが左手にいって、足にも広がりました」。

 最初は寝違えたのかと思った。しかし握力は半分以下にまで低下。足にも力が入らず、手すりを使わないと階段を降りることが出来ません。

 整形外科や神経内科の医師にも診てもらいましたが明確な病名はつきませんでした。

続きはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210625/k10013102461000.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント