森友の謎を解く黒く塗り潰された「赤木ファイル」!

 赤木俊夫さんに公文書の改ざんを指示した者の名前など重要か所は黒く塗り潰されていた。

 事件当時の首相、安倍晋三の妻、昭恵が手下の財務省からの出向要員、谷査恵子を使って国有財産の土地を管理している財務省に口利きをした。あの頃、無二の親友だった国粋主義者の籠池泰典が経営する森友学園への国有地激安払い下げだ。

 安倍の覚えめでたいソンタク官僚の財務省理財局長、佐川宣寿は昭恵の名前が記された公文書の書き換えを部下に命じた。改ざんを命じられた赤木俊夫さんは自らの責任を取って首つり自殺した。彼をそこまで追い込み、死に追いやったのは時の総理だ。

 どのマスコミもその「事実」を知っている。知っているが、どこもそれを書かない。独裁化が進んだ安倍政権になり、日本のマスコミは委縮した。貝になって口をつぐんでしまった。

*****************

 共同通信によると、森友学園の国有地売却問題を巡る財務省の決裁文書改ざんで2018年3月、自殺に追い込まれた近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=が改ざんの過程をまとめた「赤木ファイル」が22日、妻雅子さん(50)側に開示された。

 財務省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官(63)から、国会答弁を踏まえた上で決裁文書を作成するよう直接指示があったことがうかがえる財務省から近畿財務局へのメールが含まれていた。

 備忘記録には、佐川氏の名前を挙げ「局長への説明過程や、同局長からの指示などの詳細が財務省からメールで投げ込まれてくるのが実態」とされていた。

 「財務省の問題意識は、調書から森友学園に厚遇したと受け取られる恐れのある部分は削除する」との趣旨や「既に決裁済みの調書を修正することは問題があり行うべきでないと(同省に)強く抗議した」との記載もあった。

 「夫のものに間違いないと思う。夫に指示した人の名前は黒塗りで、外してもらうため闘う」と雅子さん。

 開示した文書は全部で230枚、518ページにわたっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント