自分の都合で分科会の「色を勝手に変える」菅義偉!

 菅義偉首相のご都合主義は周知の事実だが、こうして整理して説明されると分かり易い。東京新聞は庶民に丁寧だ。全国の皆さん、ネットでも購読できる。東京新聞の電子版。こういうメディアを応援しよう。朝日や読売なんかよりずっといい。

 自分の都合に合わせて、分科会の「色を勝手に変える」適当な男が菅義偉。

*********************

 コロナ対策を巡り、菅義偉は専門家の意見や助言への対応を自分の都合に合わせて重視したり、軽視したりしてきた。

 象徴がGoToトラベルを巡る対応だ。実施後、全国で新規感染者の拡大に歯止めがかからなくなり、昨年11月20日以降、政府のコロナ対策分科会は3回にわたって、事業の見直しや停止を提言した。

 しかし、菅義偉は官房長官時代から事業を推進してきた経緯もあり、停止地域を「小出し」で広げるなどの対応を続け提言を軽視。最終的に全国での停止を決めたのは、最初の提言から3週間以上たってからだった。

 一方で、菅義偉が専門家の意見を「尊重」する姿勢を強調した場面もあった。緊急事態宣言の発令だ。

 今年1月に2度目の宣言を出すまでの政府対応が「後手」と批判されると、菅義偉は「12月の段階では専門家から『宣言を出す状況にない』という意見をいただいていた。

 (感染が拡大し)専門家からも『まさに今』宣言を出す時期との提言をいただき、決定した」と釈明。専門家の意見に沿った対応だと強調した。

 5月には、まん延防止等重点措置を出すとした当初方針を変更し、北海道と岡山、広島両県を宣言の対象に追加した時も、「専門家の意見を尊重した」と繰り返した。(以上)

*********************

 そして尾身茂が五輪を「やるなら無観客で」と発言したら、へそを曲げて提言を無視した。

 自分の都合に合わせて隠れ蓑にしたり、投げ捨てたりとムチャクチャ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント