野球やサッカーと五輪の違いがまだ分からない菅義偉!

 「野球やサッカーはいいのに、なんで五輪だけ観客が駄目なんだ」と不満を漏らす菅義偉。感染拡大への懸念から「無観客」を求める専門家に菅は「有観客」を譲らない。

 分からん男だ。東京五輪は野球やサッカーなど他のイベントとは根本的に違う。

 政府は、東京都などの緊急事態宣言を解除し、21日から「まん延防止等重点措置」に移行。解除後は、大規模イベントの観客制限を「上限1万人」とする。

 五輪の観客について菅は17日の会見で、「人数上限はこうしたルールに基づき決定される」と強調した。

 これを当てはめると、

国立競技場(開閉会式、陸上など)の観客は1万人

有明アリーナ(バレーなど)は7500人

有明テニスの森(テニスなど)は9950人

日本武道館(柔道など)は5500人・・・。

 東京都内で行う五輪観客の数は半端ではない。

 しかも全国各地からチケット片手に東京に集まって来る。JRに乗り、地下鉄に乗り、バス、タクシーを利用して一堂に集まる。飲食もする。感染拡大しないわけがない。

 恐いのは競技を観終わってそれぞれの地元に帰る。「コロナのみやげ付き」ならどうなるか? 日本列島が感染爆発だ。

 まだある。海外から選手ら関係者10万人が短期間に東京に押し寄せる。

 海外からどんな変異種コロナが持ち込まれるか分からない。新種の場合は打つ手がない。全くのお手上げ!  どうするのか?

、開催都市の東京都は既に「第5波」の兆候が見える。感染の再拡大を招けば、首相、菅義偉どう責任を取るのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント