1億5000万円送金は「当時の総裁と幹事長」と菅首相!

 菅義偉首相は17日夜の記者会見で、2019年参院選広島選挙区の買収事件で有罪が確定し、当選無効となった河井案里陣営に対する1億5000万円の自民党資金投入について「当時の総裁と幹事長で行われたのは事実だ」と明言した。 (以上 共同通信)

**********************

 分かり切った事実だが、「時の首相」の証言は軽視できない。

 「当時の自民党総裁と幹事長」とは安倍晋三と二階俊博だ。

 何度も言った通り、どこの馬の骨とも分からない無名の新人候補、河井案里に、ほかの自民候補の10倍の「1億5000万円」を送金したのは、安倍の天敵、溝手顕正を落選させるためだ。

 詳しい背景を知りたければ私のブログ「半歩前へ」の画面の左の列に並んだ項目から「安倍晋三」を選んでクリック。そうすれば山ほど悪事が出て来る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント