中国の原発で放射能漏れ!周辺地域の線量が高まる!

 共同通信によると、CNNは14日、中国広東省の台山原発から放射性物質漏れが起き、周辺地域の放射線量が高まっていると、フランスの原子炉製造会社「フラマトム」が訴えていると報じた。

 問題解決のためにバイデン米政権に技術協力を求めているという。

 フラマトムの親会社フランス電力(EDF)は14日、原子炉格納容器内で「希ガスの濃度が上昇している」と通知を受けたと発表し「既知の現象」だと指摘。

 さらに同原発を運転する中国側企業が放射性希ガスを大気中に放出したと明らかにした。中国当局の規制範囲内だとしている。

 中国当局は原発の運転停止を避けるため、周辺地域の放射線量に関する安全基準の上限を調整しており、フラマトムは既にフランスの安全基準を超えていると訴えている。

 フィガロ紙などによると、燃料棒に問題があり放射性希ガスが出ているとみられる。

 フランスの場合、原子炉を停止し、問題の燃料棒を取り出す必要がある。

 CNNによると、米国家安全保障会議(NSC)が先週、会議を開き対応を協議した。複数の当局者は「現状では重大な脅威はない」と判断したという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント