清水建設と野村不動産 のタワマン悪質手口に悲鳴!

 人生の全てをつぎ込んで購入したタワマンが欠陥住宅だった。

 次から次に見つかった手抜き工事。有名企業の物件だからと信用したのが迂闊だった。現代の残酷物語だ。

 週刊雑誌「FRIDAY」が暴露した清水建設と野村不動産 の悪質な手口を紹介する。

*********************
「FRIDAY」が暴いた。

 「サラリーマンとして30年以上貯めたお金と退職金をつぎ込んで、8000万円以上のこのマンションを買いました。私も妻も60代後半なので、余生は都心から離れた場所に住みたいと思った。

 あの有名な不動産会社と建設会社が手掛けているから、間違いない物件だと安心していました。でも、それは大きな間違いでした。苦労して手に入れたタワマンは欠陥だらけだったんです」

 本誌の取材に答えた購入者のTさんはそう声を震わせた。

 東京都小金井市のタワーマンション『プラウドタワー武蔵小金井クロス』をめぐって大騒動が起きている。清水建設が施工し、売り主は野村不動産。総戸数は716戸で、価格は4LDKで最高1億9000万円だ。Tさんが言う。

 「欠陥が明らかになったのは今年2月下旬。上階の足音がうるさいということで、管理組合が民間検査会社の『日本建築検査研究所』に調査を依頼した。最初は防音設備にだけ問題があると思っていたが、調査で次々に他の欠陥も見つかった」

 本誌は調査を担当した建築検査士の岩山健一氏に取材を申し込み、話を聞いた。

 「私が調査して見つかった欠陥は①防音設備 ②耐火設備 ③耐水設備の主に三つ。

①については上下階の間にある二重床の支持脚(階を持ち上げるための脚)に遮音性のゴムが使われていない箇所発見。その結果、音が響いてしまっていた。

②は全戸に付いているメーターボックス内に使う石膏ボードの貼り方に問題。石膏ボードを貼り付けるタッカー(留め金)の間隔が、国が定める基準を満たしていなかった。

 ここにはガスの配管などが入っている。ボードの固定が甘いと、発火した際に延焼が起きやすい。

③はトイレ内の手洗い付近の壁には耐水石膏ボードを使用していなかった。当然、湿気に弱くなり、腐食の原因になる」

 3月27日には野村不動産と清水建設の責任者が同席して、説明会が開かれたが、Tさんの不信感は深まるばかりだった。

 「両社の責任者は、『手元が暗くて確認が不十分だった』 『チェック項目から抜けていた』などと、呆(あき)れた言い訳を繰り返すばかり。補償についても、うやむやなままで、 『資産価値を守るため』と言って購入者に口止めする始末」

 1週間後、両社はマンションの理事会で「施工不良」を認めて、購入者に謝罪したものの、住民の疑念は晴れるどころか不安が募(つの)るばかり」(Tさん)

 前出の岩山氏もこう指摘する。

 「手抜き工事も甚だしい。欠陥が見つかった場所だけを調べて、問題を解決したというのは無理がある。とくに法令基準を満たしていない耐火設備に関しては、目視で確認できない部分がある。

 一度販売を中止して、他に欠陥がないか、未入居の部屋も解体するなどして、大規模な検査を行うべきだ」

 しかし、驚くことに問題が解決していないにもかかわらず、野村不動産は物件の販売を続けている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント