香港弾圧!中国共産党の次の標的は全映画の検閲!

 民主主義弾圧の手を緩めない中国共産党政権は、ついに芸術の分野にまで触手を伸ばした。

 中国共産党の指揮の下で香港政府は11日、香港で公開する全ての映画を検閲し、香港版「治安維持法」である国家安全法に基づき取り締まると発表した。

***********************

 AFP=時事によると、政治的な自由のみならず、芸術面での自由も大きく制限されることになる。

 2019年に民主派による大規模な抗議デモに揺れた香港では、当局がその後、中国政府への批判を根絶するべく一斉摘発に乗り出した。

 国安法のスローガンの下、体制批判は非合法化され、民主派の運動は抑圧の対象となった。

 次の標的となったのが映画だ。香港政府は、映画検閲条例を改定し、「国家安全保障を脅かす犯罪に相当し得るあらゆる行為や活動」を新たに検閲対象に加えたと発表した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント