出所した周庭さんに自由なし!監視下で「籠の鳥」!

 香港民主化の若きリーダー周庭(アグネス・チョウ)さんが12日、収監先の刑務所から出所した。

 内外のメディアに取り囲まれながら、マスク姿の周さんは無言で迎えの車に乗り込んだ。

 メディアを通じて、何かしゃべったら「釈放を取り消し、再び逮捕、監獄に戻す」と脅されているのではないか。

 周さんは「自由の身になれば日本に行きたい」と言っていたが、パスポートを取り上げられており、かなわない。

 おそらく「自身の考え」をメールで発信することは禁じられているのではないか?

 釈放されたとはいえ、中国共産党の厳しい監視下に置かれ、「籠の鳥」であることには変わりない。

********************

 日経によると、無許可集会を扇動した罪で服役していた香港の民主活動家、周庭氏が12日午前、出所した。2020年12月に禁錮10月の実刑判決を受けたが、模範囚として刑期が短縮された。香港警察は別件の容疑で捜査を続ける見通しだ。

 周氏は重罪犯を収容する大欖女子懲教所(刑務所)で服役していた。

 出所後の周氏を取り巻く環境は厳しい。服役前に香港国家安全法に違反した容疑で逮捕され、パスポートを押収された。警察が捜査を続ける限り、香港から出るのは難しい。

 周氏は服役中の2月、支援者を通じて「刑務所を出たら少し身体を休ませたい」と述べていた。

 朝日によると、周氏は今後、国安法違反容疑でも聴取される可能性がある。

 香港紙「リンゴ日報」創業者の黎智英氏は、SNSやメディアを通じて民主化への支持を訴えたことが「外国勢力との結託」の罪にあたるとして国安法で起訴されており、周氏はさらなる訴追を避けるためにも沈黙しなければならないのが現状だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント