飛び込み自殺で文春報道に山下泰裕JOC会長抗議!

 日本オリンピック委員会(JOC)の経理部長、森谷靖さんの地下鉄飛び込み自殺に関する週刊文春の報道に、JOC会長の山下泰裕は10日、「事実が大きく歪曲されている」と抗議する考えを明らかにした。

 永谷さんの飛び込み自殺について週刊文春は、JOCの幹部が7日午後、職員を集め、「この件については外部に漏らさないように」と指示した、と報道。

 その場では、取材に対する対応は職員が個別で行わず、組織として一本化する旨の説明があったという。

 山下は「何かを隠したと思わせるような書き方だ。事実と違う」と反論した。

 職員が個別では応じないで、JOCとして取材窓口を一本化するというのを世間では「かん口令を敷いた」と言うのだ。

 自由にしゃべられたら都合が悪いから「かん口令を敷いた」のではないか?

 やましいことがなければ、こんなことをする必要はない。

 「かん口令」が、かえって「五輪経理疑惑」を大きくした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント