読売記者が聖火リレーの見物客を骨折させていた!

 聖火リレーの見物客で3密となった現場で、読売新聞記者が観客を骨折させていた。

 この事実を東京五輪大会組織委は非公表としていたことが週刊文春によって明らかになった。

 3密になれば直ちにリレーを中止すると言ったはずだが、今も続いている。組織委は、やっていることがデタラメだらけ。

********************
週刊文春が報じた。

 東京大会オフィシャルパートナーとして名を連ねている読売新聞。「きょうの聖火」と題して、3月25日に福島県をスタートした聖火リレーを、毎日のように報じている。

 聖火リレーを運営する電通関係者が明かす。「事故が起きたのは、岐阜県内を回っていた4月3日。読売新聞の記者が聖火リレーの観客を骨折させてしまいました。

 感染対策上も聖火リレーの“密”が懸念されていますが、多くの人数が集まることで、こうした人身事故も起きてしまう。

 本来であれば、取材する他メディアや観客への注意を喚起すべきところですが、組織委員会は事故を公表していません」

 なぜ組織委員会は公表しないのか。理由を尋ねたところ、以下の回答があった。

 「公道で起きた事案につき、読売新聞社においてご対応頂いています。読売新聞社にお問い合わせ下さい」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント