コロナ禍での生活困窮者の中に若者や親子連れの姿!

 1兆7000億円の税金を投じてGo ToイートやGoToトラベルをやるよりもこっちが先ではないか?

 間抜けな政府は、モノの優先順位一つ付けることが出来ないのか?

*******************

 緊急事態宣言が生活困窮者に打撃を与えている。ボランティアによる炊き出しには、これまで少なかった若者や親子連れなどの姿も目立つようになった。

 東京・千代田区の聖イグナチオ教会では3日、約40団体が参加する「新型コロナ災害緊急アクション」などの主催で、「大人食堂」と銘打った食料配布が行われた。

 会場に足を運んだ路上生活者らに、弁当150食や肌着、マスクなどを配布。生活相談にも応じた。

 シングルマザーで、娘と共に訪れ弁当を受け取った30代のアルバイト女性は、コロナの影響で仕事が激減。「生活が厳しくなってきており、このようなイベントは本当にありがたい」と表情を緩めた。

 大阪市西成区のホテル運営会社「JUNON」は、系列2ホテルで1泊390円の宿泊プランを再開。1月に続く2度目のキャンペーンで、今回は100室を用意した。同社の角谷正樹さんは「職を失った人の就職活動拠点などに利用してほしい」と話す。

 「反貧困ネットワーク」によると、家賃滞納などで家を追い出されるケースが続出し、特に2度目の緊急事態宣言が出た1月以降は急増。年代や性別、国籍を問わず困窮が広がっているという。 (以上 時事通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント