中国の侵略にフィリピンから「出ていけ」と外相!

 フィリピンのスカボロー礁付近で4月下旬、パトロール中のフィリピン沿岸警備艇を中国艦船が妨害。フィリピン外務省は3日、「好戦的な行為」だとして抗議した。ロクシン外相はツイッターで中国に対し「友人よ、出ていけ」と非難した。

 スカボロー礁はフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にあるが、中国が突如、実効支配を始めた。

 フィリピンは2013年、国連海洋法条約に違反するとしてオランダ・ハーグの国際司法裁判所に提訴。裁判所は2016年、中国の主張を全面的に退けたが、中国は判決を無視して支配し続けている。

 中国は、フィリピンの国防力が貧弱なのを承知で南シナ海のスカボロー礁付近も支配下に置く考えだ。ベトナムに対する手口と同じである。他国の領海を有無を言わせず、力で奪い取ろうとする。侵略である。

 マラッカ海峡は太平洋とインド洋を結ぶ海上交通上の要衝である。この海域を中国が海上封鎖したら、世界の貿易は大打撃を被る。輸入原油や液化天然ガスの8割強がここを通過して日本に運ばれる。私たちの市民生活に直接影響する。

 南シナ海で起きていることは、日本にとって他人事ではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント