卑怯者・共産中国が台湾のワクチン契約を直前で妨害!

 国際線パイロットによってインド型変異種コロナが持ち込まれ、台湾はワクチン不足に悩んでいる。

 契約したファイザーなどからは70万人分しかまだ届いていない。

 そうした中、中国共産党政権が、台湾のワクチン購入契約の寸前で契約を妨害し、ご破算となった。

 ひどいことをするものだ。人間の仕業とは思えない残酷なことをする共産中国。

*******************

 共同通信によると、台湾の蔡英文総統は26日、ドイツのバイオ企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチン購入で契約寸前に至ったが「中国の介入で今も契約できていない」と述べ、中国が妨害したと明らかにした。

 台湾では感染が拡大しており、ワクチンの早期入手が課題になっている。台湾統一圧力を強める中国の習近平指導部が、独立志向の民進党主席を兼務する蔡氏の支持率低下を狙って妨害を仕掛けているとみられる。

 蔡氏は、米モデルナ製と英アストラゼネカ製のワクチンは順調に購入契約を結べたと言う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント