燃え盛る炎の赤は「芸人の怒りの色だ」と桂文治師匠!

 ギリギリまで頑張ってきた寄席がついに刀折れ、矢尽き、権力の圧力で「休業」に追い込まれた。

 コロナ禍で、海外から選手を呼んで「大運動会」はやるというのに、である。

 理不尽というほかない。

 十一代桂文治師匠が、憤りを込めてこう書いた。

 フェイスブックの背景は、怒りに震え、燃え盛る炎の赤。

 無念の思いが読む側に痛いぐらい伝わった。

******************
師匠の投稿である。

 5月1日から11日まで寄席は休業になる。今年は出来ると喜んでいたのに。トリを引き受けるには覚悟がいる。

 上方ゲストを入れ、ホテルや交通費に心付けの支度、葉書を出し、ホームページの割引案内、顔付けなどいろんな気を遣う。

 全てお客様に喜んで頂く為だ。飲食店の仕込みと同じである。それが全てパーになる。

 楽しみにしてくれたお客様や上方の皆さん、仲間に申し訳ない。

 寄席休業に追い込み、鬼の首をとったように記者会見しているあなた!それと同じようにコロナ対策に力を入れろ!

 国も都もだ!この色は芸人の怒りの色だ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント