機関砲搭載の艦船で尖閣挑発繰り返す中国、連続100日!

 機関砲を装備した艦船を含む4隻が日本固有の領土である尖閣諸島できょうも挑発を繰り返す。彼らに対して何ら有効な手を打てない日本。

 共産中国は回数を重ねることで「この海域はオレのもの」という「実績」を付け、尖閣をわがものにする魂胆だ。このやり方は共産中国の常とう手段である。

 南シナ海のベトナム沖でもこの手口を使い、岩礁に軍事基地を構築。今、フィリピン海域で同様の手口を使っている。黙っていたら、頭に乗ってドンドン押してくる。

*******************

 共同通信によると、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で23日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは100日連続。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント