たった5秒で手続き完了!コロナ接触者の新ツール!

1人の国際線パイロットから4日間でコロナが感染拡大した台湾。

 天才の誉れ高い閣僚、オードリー・タン氏の発案で、さっそくこんなシステムを開発した。

 台湾はやることが早い。日本で1年以上かかっても出来ないことをサッとやってしまう。

******************

 NHKによると、台湾当局は、コロナ感染者の接触者をたどる対策として飲食店などに入る人に電話番号などの登録を義務づけている。

これについてIT担当閣僚の唐鳳(オードリー・タン)氏は個人情報を店に提供することなく当局のホットラインに携帯電話のショートメッセージを送るだけの新しい仕組みを作った。

新型コロナウイルスの感染者と接触した可能性がある人への連絡などに活用している。

QRコードに携帯電話のカメラをかざすと、訪問先を識別するための番号だけが記されたショートメッセージが画面に表示され、利用者はこれを送信すれば手続きが完了する。

メッセージは店にではなく、当局の感染対策ホットラインに送られ、携帯電話会社はデータを28日間保存したのち削除。

唐氏らは感染の急拡大を受け、わずか3日間でこの仕組みを作ったということで、5秒もあれば手続きが完了し利便性が高いとして、飲食店や交通機関などに積極的に導入してほしいとしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント