「これは死ぬ」今も後遺症30代男性が語る死の恐怖!

 新型コロナウイルスの変異株が流行する「第4波」で、神戸市内で20~30代の3人の死亡が判明するなど、若者の重症化リスクが懸念されている。

 30代男性が神戸新聞社の取材に応じ、「元気だった若い人でもかかったら死んでしまうかもしれない」と訴えた。

 男性が勤めるのは神戸市内のショートステイ施設で、3月に利用者、職員計10人以上の感染が判明した。

 男性は3月11日、後に感染が判明する高齢女性の食事を介助していた。

 14日、体温が39度台まで上がり、保健所に連絡した。自転車で病院に向かい、陽性が確認された。

 肺炎もあり症状が重かったため、すぐに入院先を調整してもらった。だが病床に空きがなく、丸2日間は自宅に1人で待機した。

 高熱で食事ができず、脱水症状を防ぐため、清涼飲料水を7リットル飲んだ。16日昼、入院先が決まり、保健所の担当者に迎えられた瞬間、「これで助かる」と胸をなで下ろした。

 入院後もしばらく38~39度台の高熱が続いた。手のしびれや膝の痛みがあり、意識はもうろう。

「これは死ぬかな」と感じたという。9日間にわたって酸素を吸入。カメラで常時、様子を確認され、酸素マスクが外れると看護師が飛んできた。解熱剤や肺炎の薬を服用し、徐々に回復した。

 結局、12日間入院。退院後も心臓が痛むような症状があり、突発的な動きをすると脈拍が急激に上がるという。

 男性の施設内では、同じ30代で基礎疾患のある男性職員が感染して死亡したという。 (以上 神戸新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント