首都と第2の都市、釜山の市長選で韓国与党が大敗!

 来年の韓国大統領選挙の行方を占う首都ソウルと第2の都市、釜山の市長選挙の投票は7日行われ、いずれも野党候補が与党候補を抑えて当選した。

 文在寅政権にとっては大きな打撃で、文在寅の求心力低下は避けられない。

 不正入学、兵役逃れ、不動産投機不正は、韓国国民が最も忌み嫌う三大スキャンダルだ。このすべてに文在寅政権がかかわっていた。

元法相チョ・グクの娘の不正入学。

閣僚など文在寅関係者子弟の兵役逃れ。

青瓦台参謀の不動産投機不正。

 それに加えて慰安婦問題をエサに韓国国民を散々、食い物にした稀代の悪女、秋美愛を文在寅が擁護し続けた。

 致命的だったのが韓国の有力紙、中央日報が報じたこの記事だ。

 文在寅政権がこんなパンフレットを作製し、各方面に配布した。

 「古代から中国は天子の国、天朝と呼ばれた皇帝文化を作った」と羨望の眼で、かつての宗主国、中国をべた褒め。もう一度、中国の属国に戻りたいと願うかの如くの礼賛ぶりだ。

 続いて「56の多民族で構成された中国文化は世界で由来を見つけられないほどの文化的多様性と外来文化に対する包容性を持つに至った」と歯が浮くほど褒めたたえている。

 こうしたことへの批判が、この選挙で示された。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント