48億円の無駄遣い!改修したり、また戻したり!

 時事通信によると、東京五輪・パラリンピックで警備に当たる警察官用の宿舎が、新型コロナウイルスに感染した軽症者用に改修されたものの、未使用のまま元の宿舎に戻されることが7日、関係者への取材で分かった。

 改修費用は総額約48億円。

 東京都がホテルでの受け入れを優先したためという。

 宿舎はプレハブ造りで、大会警備のため全国から派遣される警察官用に昨年、東京都江東区と江戸川区、大田区の臨海部4カ所に建てられた。

 大会が1年延期になったこともあり、政府は同4月、新型コロナの軽症者を800人規模で受け入れる施設への改修を決定。

 約37億円を掛け、相部屋だった部屋に仕切りを設けて個室にしたり、看護師が常駐するスペースを設けたりした。

 しかし、軽症者の療養先を判断する都はホテル利用を優先し、宿舎は1回も使われなかった。

 4月から約11億円を掛け警察官宿舎への復元工事を始めた。  (以上)

*******************

 48億円。 壮大な無駄遣い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント