栄枯盛衰!東芝がついに買収される身に落ちぶれた!

 東芝が英国に本拠を置く投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズから買収の提案を受けたことが明らかになった。買収価格はざっと2兆円。

 東芝と言えば日本を代表する世界的企業だった。「東芝日曜劇場」などと冠を付けた番組を東芝一社で独占提供し、放映していたほどの会社だった。

 それがいつの間にか会社ごと買われ、そしてさらに、どこかに売り飛ばされる運命となった。30年前に、今日の東芝を誰が予想したことだろう。

 図体ばかりでかくて、無能な経営者を頭にいただいていると、こういうことになる。

 今夜(7日夜)3カ月ほど前、隣に引っ越してきた親子3人暮らしの部屋をピンポーンした。生まれて半年も経たない赤ちゃんの父親に落語会のチラシを持参した。

 雑談していたら市役所勤めの若いパパは、なんと数カ月前まで東芝に努めていた。さすがにびっくりした。東芝に見切りをつけて公務員に転職したわけだ。

 このように東芝は、若い人材の流出が止まらない。

 これから社会にはばたく学生諸君、企業名に惚れて就職するようなことがあってはならない。

 大事なことは、いざという時、自分に「売り物」があるかどうかである。

 これからの社会では、大学名や偏差値など何の役にも立たない。必要なのは「中身」である。どんな場面に遭遇しても、自分で「考える力」があるかどうかだ。

 マニュアル頼りの優等生は、これからはお払い箱。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント