「ごひいきの期待に応えねば」と思案した!

 コロナ禍で定期的に公演している落語会は、ただ今「休演中」だ。常連客は「まだか、まだか」と矢の催促。

 私が主催する落語会は入場料無料。しかし、そこまで言っていただくと、素人ながら噺家冥利に尽きる。

 何んとか「ごひいきの期待に応えねば」と思案した。思いついたのがマンションでの落語会。さっそく団地事務所と掛け合った。

 コロナ対策を徹底すれば集会所を貸し出すという。ふだんはほとんど使わないのか木の香漂う真新しい部屋。40-50人収容とのことだが「15人限定」とした。

 客には全員、アルコール消毒とマスクの着用を徹底していただき、4月29日の祝日「昭和の日」に午後1時30分から開演することにした。

 この話を落語仲間にしたら、「やりましょう」と快諾を得た。コロナ禍だからこそ、元気のある愉快な江戸落語で楽しんでほしい。

 私たち出演者も目いっぱい張り切って頑張る。ここでの反応がよければ、定期公演するつもりだ。

 落語は笑顔を運ぶ。

 開演前はナマで初めて聴く落語に、経済の講演でも聞くかのようにみんな緊張した表情をする。

 しかし、落語を聴いて、帰る時はどの顔も柔和な笑顔に様変わり。リラックスして楽しんでくれたことが表情から分かる。

 この笑顔を見るのが楽しみで、私は落語を続けている。落語のリクエストがあれば日本中、どこでも行く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント