国産ワクチン開発、治験直前で安倍内閣がストップ!

 パンデミック(世界的感染爆発)が収まらない中、コロナ対策の切り札はワクチンだが、日本はワクチン開発で一歩も、2歩も欧米に出遅れた。

 実は日本でも国産ワクチンの開発が治験直前まで進んでいた。

 それをストップさせたのが安倍晋三内閣だった。「研究費は企業に出してもらえ」と突っぱねた。

 東京新聞が、国産ワクチン、3年前に治験直前で頓挫 東大・石井教授「日本は長年、研究軽視」のツケ今に、と銘打って特ダネを放った。

***********************

 欧米で開発されて接種が進むのは、病原体に合わせて素早く設計できる新タイプの「RNAワクチン」。

 実は日本国内でもRNAワクチンの開発が治験直前まで進んでいたが、2018年に国の予算打ち切りで頓挫した。

 研究者は「日本は長年ワクチン研究を軽視してきた」と指摘し、欧米と差がついた現状を憂慮する。

 「当時、治験に進みたいと何度も訴えたが、予算を出してもらえなかった」と東京大医科学研究所ワクチン科学分野の石井健教授は無念さを語る。

 石井さんは、RNAなど遺伝物質を使う「遺伝子ワクチン」研究の第一人者で、中東で流行していたMERS(中東呼吸器症候群)のワクチン開発を目指した。

 MERSウイルスもコロナウイルスの一種。18年にはサルに投与して有効な抗体を作るまでになった。

 次は人での治験という段階で、MERSの感染者が日本にいなかったこともあり、政府から「研究費は企業に出してもらってほしい」と告げられたという。

 最初に新型コロナのRNAワクチンを開発した米モデルナや、製薬大手の米ファイザーと組む独ベンチャーのビオンテックと同様に、石井さんたちもコロナ禍の前からRNAワクチンを手掛けていた。

 だが「2社はがんワクチン研究で人での治験に入っており、すぐコロナに転用できた。そこで決定的な差がついた」と石井さんは言う。

 企業もワクチン開発に力を入れてこず、研究者も少なくなった。石井さんは「(コロナの第1波があった)昨春、すぐに対応できる企業はなかった」とみる。

 加えて、米国では治験と同時に製造施設の準備を始めるなどの「ワープスピード作戦」に大規模な予算が投じられたが、日本では財政の動きも鈍かった。

 こうしたことから、「日本が世界トップレベルの開発力をつけるには10年かかる」と石井さんは話す。  (以上 東京新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント