コロナ禍のドサクサに紛れて自公は数で押し切るか?

 自民・公明両党は憲法改正手続きに関する国民投票法改正案を5月6日に衆院憲法審査会で採決し、11日に衆院を通過させる方針を固めた。複数の与党幹部が明らかにした。 (以上 毎日新聞)

********************

 日本の運命を決める重大事項をコロナ禍のドサクサに紛れて数で押し切ろうとするアクドイやり方だ。立憲民主党はこの策略に乗るつもりか?

 国民投票の次に出番を待っているのが、安倍晋三念願の「改憲」だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント