あれから35年 いまだに廃炉への具体的なめど立たず!

 チェルノブイリの原発事故から26日で35年が経過したが、廃炉に向けた具体的なめどは依然として立っていない。

 1986年4月26日、試験運転をしていた4号機が爆発、大量の放射能を放出。

 多数が大量の放射能を浴びて死亡したほか、多くの子どもたちが甲状腺がんを発症するなど、ウクライナだけでなく同じ旧ソビエトのベラルーシやロシアにも健康被害が広がった。

 爆発を起こした4号機は「石棺」と呼ばれるコンクリートの建造物で覆われたあと、2019年には「石棺」を外側から覆う巨大なシェルターも設置、放射能の飛散を防ぐための対策が続いている。

 ただ、原発の担当者は「200トン以上の核燃料をどうすべきか。諦めずに一歩一歩進むしかない」と話すなど、廃炉に向けた具体的なめどは依然として立っていない。 (以上 NHK)

***********************

 原発はいったん爆発すると人間の力ではどうにもならない。いまだに世界で解決方が見つからないのだ。

 そんな危険な原発を再稼働させると叫んでいるのが安倍晋三である。

 世界は脱原発にかじを切っているというのに、気が違ったとしか言いようがない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント