中国危機について何も考えないノー天気な日本人!

 日本固有の領土である尖閣諸島への挑発をやめない中国共産党政権。

 日本政府は判で押したように「断じて認められない」(官房長官の加藤勝信)の繰り返し。

 これをタダ、傍観するだけの気が抜けた日本人。

 中国共産党は台湾攻略には、「何としても尖閣を手に入れたい」と虎視眈々だ。

 ある日突然、中国民兵が乗り込んだ“漁船”数百隻が一気に尖閣に押し寄せたらどうなる?

 海保の巡視船で彼らを追い払えない。自衛隊に保護要請。

 「待ってました」と中国共産党の指揮の下、海と空からウンカの如く中国人民解放軍が登場。

 仮にこうなると、衝突は避けられない。

 ではどうすればいいのか?

 これについて日本人は何も考えていない。

 気が付いた時は、日本人はウイグル民族の二の舞だ。

 政権批判など、生意気なことを言ったとたん、「国家反逆罪」の汚名を着せられて、その場で銃殺。

 あり得ないことはない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント