早急にやるべきは「日本列島ロックダウン」しかない!

 緊急事態宣言と解除。これを繰り返していたら、日本経済は奈落の底に落ち込むに違いない。

 日本がやるべきは、電車もバスも道路もすべて止めて20日間、列島がロックダウン(都市封鎖)することだ、と私は1年前から繰り返し主張した。

 そうすれば、新型コロナウイルスがゼロにはならないが、台湾のように感染者の数が限りなくゼロに近くなるだろう。1ケタ台で推移するだろうと訴えた。

 私と同じ主張をする者がいた。

******************
作家の中村文則が毎日新聞にこれを寄稿した。

 新型コロナウイルスの感染拡大はズルズルと終わりがなく、健康被害に加え、精神的にも経済的にも、もうずっときつい状況が続いている。

 コロナを抑え込んでいる近隣諸国を見る限り、本来なら、日本も同じくゼロコロナに近づける領域にいけたと感じる。

 もう遅いかもしれないが、今がそうなれるギリギリのタイミングかもしれない。

 日本がまだ一度もしていない、明確なロックダウン(徹底的な補償付きの)はできないだろうか。本来は去年やっておくべきだった。

 人の心理として、目標がなければ自粛は難しい。

 規制をしなくても、感染者数が増加すればどのみち経済は鈍化する。実質的に、経済だけを見ても感染者数は減らさないともうどうしようもない。

 コロナの被害は地域差があり、日本は島国なので本来はかなり恵まれた位置にある。

 なぜかマスコミがあまり報じないのでここに書くと、抑え込んでいる近隣国の一日の感染者数(3月14~27日)は、ニュージーランドと台湾が大体ゼロ~数人。

 オーストラリアがゼロ~十数人で、日本は桁が二つ違う(3月27日付で2000人以上)。

 この地域の海に囲まれた立地の先進国で、失敗したのは日本だけだ。

 ちなみにベトナムやラオスやブルネイなどもゼロ~数人。中国が数人~十数人、シンガポールが数人~二十数人等々となっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント