読売が政府の「3回目の宣言」に厳しい論陣を張った!

 菅政府に対して読売が厳しい論陣を張った。言っていることはもっともなことだ。

 国民に犠牲を押し付けるだけで問題は解決しない。配慮に欠ける政権である。

 人事など強権を振舞わすことで官僚がやる気を失っているようだ。

 だから政府がギクシャクしたままだ。

*******************
読売が言った。

 3回目となる緊急事態宣言の発令を巡る政府の対応は迷走している。

 感染拡大に歯止めがかからない大阪府などの要請を受けたとはいえ、政府内で熟慮した形跡は乏しく、強い私権制限を含む対策は拙速さが否めない。

 大型商業施設への休業要請や、大規模イベントの無観客開催要請などが唐突に浮上し、関係業界には困惑が広がっている。

 前回の宣言発令では、政府は経済活動に配慮し、飲食店の時短営業要請など限定的な対策にとどめた。

 今回、政府が方針転換するのは、全国に広がる変異ウイルスへの警戒感があるのだろう。「人の流れの抑制」という目標を掲げ、経済活動を抑える方向にカジを切った。

 だが、各業界ともコロナ禍の経験を積み重ね、厳しい経営環境の中、感染対策を徹底してきた。

 十分な周知期間と補償を設けずに実施に踏み切れば、混乱は必至だ。厳しい制限措置をとろうとするのであれば、具体的な根拠と展望を示すべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント