日本の宝がまた一つ消えた! 赤崎勇さん逝去!

 2014年にノーベル物理学賞を受賞した名城大終身教授、赤崎勇さん(92)が1日死去した。

 こだわりの研究姿勢で、不可能と言われた青色発光ダイオード(LED)の開発を成し遂げた。

 日本の応用物理学を長年主導し、ノーベル物理学賞を同時受賞した名古屋大教授の天野浩さん(60)ら後進の育成にも尽力した。

 赤崎さんは、中学時代に長崎県の佐世保海軍工廠などに学徒勤労動員され、終戦直前には鹿児島県で激しい空襲も経験した。

 京大を卒業後、1973年から松下電器産業(現パナソニック)の研究所で青色LEDの開発に取り組んだ。

 その頃、青く光る材料としてセレン化亜鉛が注目されていた。だが、赤崎さんは窒化ガリウムの安定した性質に可能性を見いだし、この材料に人生を懸けた。

 窒化ガリウムは電気的な性質の制御に必要な高品質の結晶を作るのが非常に難しく、世界中の研究者が見切りをつけていた。

 実験は難航したが、ついに85年、基板と窒化ガリウムの間に薄膜を作る手法で高品質の結晶化を成し遂げ、最大の難関を突破した。

 理系の研究職を選んだ理由について「戦争からの復興に役立つことができるのではと考えたから。私の根底には戦争体験がある」と語っていた。 (以上 毎日新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント