習近平の「新帝国主義」に日本人の多くが強く反発!

 この調査結果は、貴重な資料である。保存しておくといい。習近平の「新帝国主義」に日本人が強く反発していることが分かる。

 習近平に政権が交代してから中国が覇権をむき出しにした。これによって日本人の間に警戒感が一気に高まった。

 その結果が「コロナ」や「経済」よりも、「安全保障」つまり国防を重要視するようになった。

 習近平中国は、きのうも、今日も、日本固有の領土である尖閣諸島への挑発を繰り返す。既成事実を創ろうとしている。

 調査で「領海侵入などに強い姿勢で臨む」が7割近くに達しているのは、効果的な手が打てないでいる日本政府へのいら立ちを示したものだ。

 習近平中国の軍事増強で、極東を取り巻く情勢が悪化していると8割以上の日本人が感じていることを初めて知った。

 *********************

 領海侵入「強い姿勢を」69% 対中国、安保に高い関心―外務省調査

 外務省は15日、外交に関する世論調査結果を公表した。中国との外交で特に重視すべき点(複数回答)を尋ねたところ、「領海侵入などに強い姿勢で臨む」が69・3%で最も多かった。

 次いで「人権、自由・民主主義・法の支配の尊重を求める」50・3%、「経済・人的交流の活性化」28・7%などだった。

 東アジア地域を取り巻く安全保障環境が「一層厳しさを増しているか」との設問に対しては「とてもそう思う」「ややそう思う」を合わせ、82・4%に上った。 

 昨年度は84・9%で、北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の覇権主義的行為への危機意識が高止まりしている実態が示された。

 日米で関係強化を期待する分野については、「安全保障」67・6%、「経済・貿易・金融」51・4%、「新型コロナウイルス対策」38・9%の順だった。 (以上 時事通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント