中国がアジアで覇権を築けば「日本は力失う」と警告!

 日本人が「知りたくない」ようなことを時事通信が報道した。だが、目をそらしてはならない。現状を知ってこそ冷静な判断が出来るからである。

********************

  2018年の米国家防衛戦略の策定で責任者を務めたエルブリッジ・コルビー元国防副次官補は時事通信の取材に応じ、台湾有事は「日本の主権に直結」する問題だと訴えた。

 その上で「中国がアジアで覇権を築けば、日本は力を失う」と警告した。

 中国軍の力は右肩上がりで増強を続け、台湾だけでなく近い将来には西太平洋全域で作戦遂行能力を得ようとしている。

 台湾を筆頭に衝突のリスクがあるが、われわれの取り組みは事態の深刻さに追い付いていない。

 これは米国の問題ではなく日本の主権と独立に直結する問題だ。

 中国がアジアで覇権を築けば、最も力を失うのは日本だ。

 日本が防衛予算をGDPの1%程度にとどめるのは、戦後最大の安全の脅威に立ち向かう方法ではなく、2%が最低限必要だ。

バイデン政権は負担を分かち合うことへの日本への圧力を解き過ぎてはならない。

中国軍がやっていることのスケールについて日米で共通認識が必要だ。
 
 中国にとって最良の戦略は既成事実化で最高の標的となるのは台湾だ。米国にとっては一度取られたものを取り返すのは困難で放棄する可能性がある。

 中国は日本やフィリピンに対し、併合しようとしないまでも従属的な状況を迫るだろう。

 台湾を取られる前に、中国に思いとどまらせなければならない。

 重要なのは日米でより声を上げ、準備することだ。米国と日本、両方と戦わなければならないと知れば、中国はより手ごわいと感じるだろう。

 平和は戦争の準備によってもたらされる。誰も中東で戦争を一緒にやってくれとは言っていない。

 政治的難しさは理解するが、対応の遅れは取り返しがつかない。 (以上 時事通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント