自衛隊が九州で過去最大規模の演習を計画!

 NHKが「陸上自衛隊が九州で過去最大規模の演習を計画 中国念頭か」と大々的に報じた。

 軍事力を強化した習近平中国が自信を深め、台湾侵攻を臭わせるなど強気の構えを見せている。

 仮に台湾海峡で衝突が起これば、日本や韓国が同時に攻撃の的となる可能性がある。

 今回の演習は、そうしたことを起こさせないためのけん制球だ。

 中国の覇権・膨張主義によって、「戦争が遠い出来事」ではなくなった。

**********************
NHKが報じた。

 南西地域の防衛体制の強化を進めている自衛隊はことし秋、全国から数万人規模の隊員を九州に集める過去最大規模の演習を行うことにしています。海洋進出の動きを強める中国を念頭に置いた演習とみられます。

 防衛省は、海洋進出の動きを強める中国を念頭に沖縄や鹿児島の離島に新たに部隊を配備するなど南西地域の防衛体制の強化を進めていて、この地域で緊張が高まれば全国から部隊を集め、あらゆる事態に切れ目なく対応するとしています。

 こうした中、陸上自衛隊はことし9月から11月にかけて南西地域の防衛を想定し、およそ14万人いるすべての隊員が参加する過去最大規模の演習を行う計画です。

 北海道と東北、四国から「師団」や「旅団」と呼ばれる数千人から1万人規模の3つの部隊を九州に展開する予定で、全国の部隊が参加し、これだけの規模で演習を行うのはおよそ30年ぶりだということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント