放射能物質トリチウムの除去研究を止めた安倍晋三!

 トリチウムを含む放射能汚染水の海洋投棄が、韓国など周辺国を巻き込んで問題となっている。

 そのトリチウムだが、100%除去一歩手前のところまで研究が進んでいた。

 それにストップをかけたのが安倍晋三だった。

*********************

 毎日新聞によると、近畿大などの研究チームは放射性物質のトリチウムを含んだ水を除去する新技術を開発した。トリチウムは東京電力福島第1原発の汚染水に含まれており、除去が難題になっている。

 チームは「今は実験室レベルだが、いずれ福島でのトリチウム水の処分に貢献したい」と語る。

 トリチウムは三重水素と呼ばれ、水素原子に中性子が2個付いた放射性物質。通常の水とトリチウム水には化学的な差がほとんどなく分離が難しい。

 井原辰彦・近大教授(無機材料化学)らのチームは、直径5ナノメートル(ナノは10億分の1)以下の小さな穴が無数に開いたアルミ製フィルターを開発。

 トリチウム水を含んだ水蒸気をフィルターに通すと、トリチウム水だけが穴に残り、「条件によるが、ほぼ100%分離できた」(近大チーム)という。

*********************

 これは2018年8月27日の毎日新聞の記事である。

 チームは「今は実験室レベルだが、いずれ福島でのトリチウム水の処分に貢献したい」として、政府に研究予算の補助を要請した。

 ところが、安倍晋三政権がこれを拒否したことから肝心の研究は中断したままである。

 東電原発の炉心溶解に伴う放射能拡散も、元はと言えば第1次政権当時、安倍が原発の耐震工事を「必要ない」と突っぱねたことから起きた。無能な男の無知から世界的大惨事が起きた。

 詳しくはここをクリック
安倍が原発事故前に「全電源喪失はありえない」と地震対策を拒否
https://lite-ra.com/i/2015/03/post-933-entry.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント