菅首相が「第3次緊急事態宣言」を発令出来ない理由!

 「全国的には大きなうねりとまではなっていない。緊急事態宣言を発することはないように重点措置を機動的に行使をして取り組んでいきたい」と繰り返す菅義偉。

 大阪では13日、コロナ感染者がついに1000人を突破して1099人と過去最悪を記録。隣県の兵庫も過去最多を更新した。

 東京では変異株が増え続け、大阪の後を追うのは必至と危惧される。医療関係者は、来月20日前後には東京の1日当たりの感染者数が4000人に上るとの予測データを示し、危機感を強めている。

 それでも菅義偉は「大きなうねりとなっていない」と言い張るのか?

 「第3次緊急事態宣言」を発令すべきなのに、やらないのはオリンピックである。このために、コロナ感染拡大の事実をひた隠す。

 だが世界は知っている。英国の有力紙、ガーディアンは「パンデミック(世界的感染爆発)の東京五輪」と警鐘を鳴らしている。米国ニューヨークタイムスも東京五輪の開催に疑問を挟んだ。

 五輪の歴史にそんな汚名を残して、後世の日本人に、どのような申し開きをするのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント