公用車を私的利用して温泉地巡りをした警察署長!

 勤務中に今年2月、女性署員と2人で公用車でスキー場に行き、スノーボードを楽しんだ北秋田署の小松辰弥前署長(57)が、他にも公用車を私的に利用して温泉地を訪れたり遊覧船に乗ったりしていたと秋田県警が9日、発表した。

 県警によると昨年8月、勤務中に署員3人と管内の温泉で入浴。同10月の休日には署員数人を伴い、北秋田市の景勝地「小又峡」で遊覧船に乗乗って写真を撮るなど私的な観光を堪能した。いずれも移動には公用車を使用した。停職3カ月の懲戒処分にした。

 警察署長は「3日やったら辞められない」という。日本人はお上に弱い。お上の代表が警察。

 夜の街を取り締まる彼らは地元では今も昔も「お代官さま」だ。

 東京都心のある警察署の防犯課が「1人3000円で頼む」とキャバレーに依頼。忘年会の2次会らしい。支配人は「私らはゼイキンだと思って、いつも受けています」と私に応えた。20数年前に実際に聞いた話だ。

 その当時、大企業の本社が集まる地域を管轄する丸の内署の署長の異動に伴う餞別では、1000万円近いカネが入ると警察関係者から耳打ちされた。

 総会屋対策やビル建設工事に伴う騒音トラブルなど様々なことで「世話になる」からだ。こうした鼻薬の効きようによって力の入れ方が違う。

 公用車を私的に利用などは日常茶飯事ではないか。たまたま発覚したので騒ぎになっただけだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント