検察に「正義」は存在しない!安倍晋三また不起訴!

 自民党が圧倒的多数など、国の政治のバランスが極端に一方に偏っている状況では、「正義は存在し得ない」ことが分かった。

 これはサクラ疑惑に限ったものではない。森友事件も、事件そのものが、ことごとくかき消された。

 安倍の最側近の甘利正のUR口利き事件も不起訴となった。検事長、黒川弘務の件もしかりだ。

 検察のトップ検事総長を選ぶのは法務大臣。その大臣を任命するのは首相である。検察官はこのピラミッド組織の末端に位置する。

 当然出世がしたい。となると答えは一つ。時の権力者には逆らわないことである。「ソンタク」しかない。「手心」しか道はない。

 検察の正義など、しょせん「絵に描いた餅」絵空事である。

 信じる者がバカをみる。

****************

 サクラ疑惑で東京地検特捜部は30日、ホテル側の宴会代金の値引きは寄付に当たるなどとする新たな政治資金規正法違反容疑について、安倍晋三や、元秘書ら4人全員を不起訴処分とした。

 特捜部は値引きの証拠はないと判断し、安倍について「嫌疑不十分」や「嫌疑なし」とした。 (以上 共同通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント