従わない官僚を更迭するのは当然と菅義偉首相!

 霞が関の官僚たちを人事権を行使して、意のままに動かすのが果たして正しいのか?

 官僚たちは委縮して、言いたいことも言わなくなる。言われたことだけ淡々とこなす。

 彼らはそれぞれの分野の専門家だ。それらの能力を引き出してうまく使うのが首相の務めではないか?

 力で押さえつけられて、彼らが本気になるはずがない。恫喝で政治は動かない。

********************

 [東京 3日 ロイター] - 菅義偉首相は3日の参院予算委員会で、自身の著書で触れている官僚への人事権行使に関し、政策に反対する官僚の更迭は当然だと説明した。

 森ゆうこ委員(立憲民主)への答弁。

 森委員は菅首相の著書「政治家の覚悟」の内容を引用し、首相が総務相時代、自らの意に沿わない発言をした官僚に人事権を行使したことについて確認した。

 菅首相は自身が推進したNHK改革について「政策に反対する者については、政策を掲げて政治家として大臣になったのだから(担当者を更迭し)、政策を実現することは当然なことでないか」と述べた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント