原発の「げ」の字も言い出せなかった自民党議員!

 親中派で知られる自民党幹事長の二階俊博は、習近平のマネをして自民党議員に厳重な「言論統制」を強いた。

 脅しに遭った脱原発派で知られる秋本真利衆院議員(千葉9区)は、自著「自民党発!『原発のない国へ』宣言」(東京新聞)の出版記念講演会で、原発の「げ」の字も出さず講演せざるを得なかった。

 質問も受けるなと言明された。このため会場との質疑も、質問を紙に書いてもらって主催者側でいったん整理し、原発に関する内容を除外する形になった。

 主催者によると、寄せられた質問の3分の2ほどは原発関連だったという。

 どうしてそこまでして原発を守ろうとするのか?

 人の命や健康よりも原発利権を擁護する方が大事なのか?

 二階や再稼働派の親方、安倍晋三にとってはフク1(東電福島第1原発)の水素爆発は所詮は他人事、痛くもかゆくもない。

 こういう輩が日本を牛耳っている。国民もそれを許している。この国は、上から下までどうかしている。

詳しくはここをクリック
https://www.tokyo-np.co.jp/article/94393

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント