わずか20日でゼロから50%以上に感染拡大した変異株!

 「今年1月に静岡県で、最初に国内での変異株の市中感染が強く疑われる事例の報告があった時に、これは他人事ではないと考え、今、起ころうとしていることに最大の体制で臨むことにした」と神戸市環境保健研究所・感染症部の岩本朋忠部長。

 神戸市は通常のPCR検査のほか、コロナ感染者1034人に市独自のウイルス遺伝情報を調べる「ゲノム解析」を行った。

 その結果、想像を超えるスピードで英国型の変異株が広がっていることが分かった。

1月1日から1月28日は0%だった。

1月29日から2月4日には4・6%

2月5日から2月11日は10・5%

2月12日から2月18日は15・2%

2月19日以降は50%以上が変異株に感染。

 これらの英国型変異株のほかに5人が起源のわからない「新たな変異株」に感染していたことも判明した。

 わずか20日でゼロから50%以上に感染拡大した変異株。

 今回は神戸市の独自検査で分かったが、変異株の広がりは神戸の特殊事情ではない。ほかでも調べたら似たような結果が出るのではないか?

 変異株は日本中に拡散していると考えた方がいい。

 とにかく変異株は感染力が強いと言うので、自己管理をしっかりするほかない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント