「足や腕など組むのはもってのほか」と読売!

 私の子どものころは、腹の出っ張った、太った人を「恰幅がいい」などと言って重役タイプと呼んだ。

 時代が変わり今はこうした肥満タイプを「メタボ」と言って、「自己管理が出来ていない」だらしのない人間、とみなされることが多い。

 見た目は大事だ。人間は、見た目で判断されることがある点を頭の隅に置いておこう。

*******************
読売が鋭い指摘をした。

 駆け出しの営業マン時代、先輩から教わったことは、

 「得意先で応接のソファに深く腰を落とすな。足や腕など組むのはもってのほか。訪問時は寒くてもコートを着て行くな」

 「とにかく、まずは、見た目が大事だよ。営業マンの基本だよ」と先輩。

 そんなものかと、納得した記憶がある。1980年代半ばのことだ。

 最近、テレビの国会中継を見て、三十数年前の先輩の言葉を思い出した。

 衆参の予算委員会での論戦。菅首相や麻生財務相らが足を組んだり、腕を組んだり、時には反り返って椅子に座っている。

 それが、気になって仕方がないのである。本人たちはどう思っているのか知らないが、とにかく見た目がよくない。

 周りの人に聞くと、「上から目線でいや」

 「官僚たちが、政府参考人席で肩をすぼめて縮こまっているのと対照的だ」

 そうした感想を持つ人が少なからずいた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント