三菱電機が「77円受注」でシッカリ防衛庁に食い込む!

 毎日新聞によると、岸信夫防衛相は22日の参院外交防衛委員会で、三菱電機が2020年度、航空自衛隊の作戦を策定するシステムに関する調査研究事業を77円で受注したと明らかにした。同社は1月にも人工衛星によるミサイル監視技術の調査研究を22円で受注した。

 防衛装備庁によると、同社が受注したのは「作戦レベルの研究機能に関する調査研究」。米国など他国の作戦を作るシステムなどを調査する。競争入札には2社が参加し、20年12月15日に、最安値の77円を提示した三菱電機と契約した。

 三菱電機は1月、中国や北朝鮮などが開発する新型ミサイルを監視するため、複数の人工衛星を同じ高度に配置する「リム観測」の実用化に関する調査研究事業を、異例の22円で受注した。  (以上)

***********************

 これはエビで鯛を釣る手法である。

 タダ同然で請け負って、さらに防衛庁・自衛隊に食い込み、あとで巨万の富を手に入れようとの魂胆だ。

 三菱電機のみならず、重工業や商事など三菱は、代表的な「兵器産業」グループだ。国にガッチリ食い込んでおけば、食いっぱくれはない。

 そのことを誰よりも知っていたのが政商、岩崎弥太郎である。その教えが今に続く。

 22円や77円は単なる「撒き餌(え)」だ。それにしても人をバカにした数字である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント