米中外交トップが「今後も協議を継続」で一致!

 2日間にわたった米中外交トップ会談が日本時間の20日終了した。

 台湾や香港、ウイグル、チベット問題で米側は「自由と人権を保証すべきだ」と主張したのに対し、中国側は「余計なお世話だ」と突っぱねた。

 これは当初から予想された通りだが、双方がホンネをぶつけ合ったことは重要だ。率直な意見交換で互いに相手を知ることが出来たからである。

 一方は民主主義を基盤とするのに対し、他方は一党独裁の共産主義国家だ。交わるわけがない。ただ、今後も継続して協議を続けることで合意したことは、大いに意義がある。

 外交とはこういうものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント