突然の大きな横揺れで、絶対やるべきことがこれ!

 23日に開く落語会の稽古をしようと、10年前に書いた台本を引っ張り出して手直しをしていたところ、突然、横揺れがした。

 宮城県で20日午後6時9分、震度5強の強い地震が発生。私の住む東京でもマンションの上階はかなりの横揺れが続いた。

 急いで小型懐中電灯を確保しすぐ、玄関の鉄の扉を開けて「避難経路」を確保した。マンションに住む者にとって一番危険なのが「閉じ込められること」である。

 大震災に遭遇し、万が一にも建物が傾いた際、逃げることが出来なくなる恐れがある。

 電気は消え、ケータイも殺到して使えない。密室の“独房”に閉じ込められても大災害では、おいそれと、消防や自衛隊の助けは来ない。

 倒壊家屋などで至る所で道路が寸断、車が動けないからだ。

 首都圏の場合、数百か所で同時火災が起これば、助けなど期待してもまず不可能。

 そのためにも最低限、出口だけは自分で確保しておくほかない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント