「世界の秩序脅かす中国」「米国の価値観押しつけるな」!

 バイデン政権と習近平指導部の米中外交トップによる初めての対面での会談が18日、アラスカ州アンカレジで始まった。

 米国側はブリンケン国務長官とサリバン大統領補佐官が、中国側は外交を統括する楊潔篪政治局委員と王毅外相が出席。

 会談冒頭、ブリンケンがウイグルや香港、台湾に対する振舞い(弾圧)やサイバー攻撃、経済面での威圧的な行動に強い懸念があると指摘し、「世界の安定を維持しているルールに基づく秩序を脅かしている」と批判した。

 これに対し楊潔篪は「米国は自らの民主主義を押し広めるべきではない。米国が普遍的な価値や国際世論を代表することはできない」と中国共産党の正当性を強調し、米国は自国の価値観を押しつけていると反発。

 会談冒頭から異例の激しいやり取りが続いた。

 米国側の冒頭発言が2人で5分だったのに対し、楊潔篪は1人で20分近く喋りまくった。

 バイデン政権の高官はメディアの取材に、冒頭発言はそれぞれ2分と申し合わせていた、としたうえで「中国の代表団はスタンドプレーをしにきたようだ」と批判した。

 楊潔篪の大演説は、同行した中国メディアを通しての「中国向けの自己PR」のように映った。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント