唐変木な珍解説をやって見せた中国共産党直系の情報紙!

 中国共産党機関紙「人民日報」直系の「環球時報」は17日の社説で、「日本は米国に言い寄られても冷静さを保つべきだ」と焦りを見せる社説を配信した。16日の日米2プラス2で、同盟強化が明確となった結果だ。

 社説は、最近の中国と日韓の関係について、根拠を示さずに「中国は日韓にとって米国より明らかに魅力的だった」と自画自賛し、緊密な経済・貿易交流を盾に対中関係を損なわないようクギを刺した。

 日本など周辺国との領土問題に関しては「(領土)紛争による摩擦は限定的だ」と珍解説。東・南シナ海での中国側の行為に言及せず「関係諸国は中国が紛争をエスカレートさせる意図がないことを知っている」と強調した。 (以上)

詳しくはここをクリック
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031700173&g=int

***********************

 盗っ人猛々しいとはこのことだ。こんな毒舌を信じる者は、中国共産党のシンパのほかは、世界には1人もいないだろう。

 この珍解説、そっくり熨斗(のし)を付けた返してやる。「冷静さを保つべき」は、軍事増強に向けて全力疾走する、そっちの方だ。

 他国の領海を侵すのが、どこが「魅力的」なのか? 目が「あさってのおととい」の方向を、向いているのではないか?

 「意図がない」なら、強引に岩礁を埋め立てた南シナ海を元に戻せ。沖縄県の尖閣諸島周辺をウロツク艦船をすべて撤去せよ。

 習近平の勝手には、させない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント