自戒! ゆめゆめ檀家などにはなるものではない!

 コロナ禍で先祖のお墓参りに行けないと言うので、自宅墓(宅墓)の人気が都市を中心に広がっている。部屋の棚に置ける宅墓は7万円前後からある。

 詳しいことはネットで自宅墓または宅墓で検索するとたくさん出て来る。ただし悪徳業者に引っかからないように!

 墓地での墓づくりと比較して、何十万円もの高値を吹っ掛けてくるケースがあるからだ。

 一般的には7万円から10万円前後ではないか。

 AERAがこんなタイトルを付けて記事を載せている。

 おうちに置ける「宅墓」を考案「こんなのがほしかった」 先祖を祭る新しい形
詳しくはここをクリック
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dot/life/dot-2021031200013

 私は30数年前に首都圏に墓を購入(実際は永代使用料だから借りているわけだ)したが、墓石とあわせて200万円以上も取られた。

 その上、毎年、やれ、先祖供養墓碑だ、弁天堂の建立だ、何だとそのたびに一口10万円以上の割り当てが来る。

 墓地の年間管理代のほかに、彼岸供養だ、やれなんだと毎回、1万円札が消えてなくなる。こんなはずではなかったが、後の祭りだ。

 両親の戒名代は「院号」を付けて、いずれも100万円とられた。私は自分で付けようと思っている。そうすればタダで済む。

 こんなアクドイことをしていたら、檀家が減るのは当たり前。ゆめゆめ檀家などにはなるものではない。

 拝金主義に走る仏教は、堕落してしまったのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント